doctor

プリン体の危険性

プリン体が引き起こす病気

老人

多くの食べ物にプリン体が含まれていますが、実はプリン体を摂りすぎると大変な病気にかかってしまうのです。それは痛風です。多くの人が聞いたことがあるでしょう。痛風は体内の尿酸が増えすぎて、限界を超えた時になってしまう病気です。プリン体は尿酸をためるので、痛風を引き起こしてしまう原因の一つです。そのため、プリン体が多く含まれている食べ物はできるだけ控えることが大事です。まず、プリン体の多い食品としてよく聞くのがビールです。ビールはプリン体の塊ですので一気に尿酸値が増えてしまいます。他にも、甲殻類、レバーなどの内蔵部位、いくら、明太子などの魚卵系、しいたけや昆布などの乾物系に多く含まれています。食事にも多く使われているものなので、全く食べないということはできません。また、栄養も偏ってしまうのでオススメできません。プリン体は溶けやすいので、茹でて食べることでプリン体の摂取量を少なくすることができます。

プリン体を減らすには

痛風は薬で緩和することができますが、根本的な解決にはなりません。やはりプリン体の摂取量を少なくすることが大切なので食事制限などの食事療法が効果的です。痛風になった時に食べると良いものは野菜です。野菜に含まれているアルカリ性分が尿酸を溶かしてくれるので、野菜をたっぷりと食べましょう。いろいろな食事にも使われるので、飽きることなく食べることができます。アルカリ性分が多く含まれているものとして、バナナ、グレープフルーツ、さといも、じゃがいも、にんじん、ほうれん草などが代表的な食べ物です。また尿酸は水にも溶けやすいので、水を飲みましょう。少しでもプリン体のことを意識して生活することで痛風は改善されていきます。